テーブル工房kikiスタッフ
テーブル工房kiki全員集合
総勢10名のスタッフと、kikiのものづくりパートナーを紹介します。お客さまの声に耳をかたむける。メンバー同士、会話を欠かさない。原寸で考え、現場で判断する。チームワークを大切にする。 そんな姿勢を心がけながら、デザインワークショップから製作、販売、納品まで、工房ショップの仕事に日々取り組んでいます。いつでもお気軽に声をかけてください。

木村健治
木村健治
自然のまま、木のまんま。
できるだけデザインしないことが無垢の木のデザイン。
木が持つ素材感や色気を大切に、丁寧でシンプルな仕上げ手でありたいと思っています。


木村京子
木村京子
こんなにたくさんの木の種類があるのを知らずに育ち、
嫁にきて初めてこんな大きな木を見てびっくり。
木に囲まれて仕事をするうちにドンドン木が好きになって今は、こんなもの欲しい! こんなのあったらいいなー! と考えながらモノづくりしている毎日。


松本英一
松本英一
山奥で生まれ育ち、
木は飽きるほど見たり触ったりしてきたはずなのに、
なにがよくてか、いまだにどっぷり浸かっています。


染谷亮
染谷亮
木が気になる。
千葉生まれなのに自称、江戸っ子。
日常の色んな角度から
いつも面白い事、探してます。


露岡義文
露岡義文
楽ちんスツール大好き。
小学生の頃から図工・工作の時間が一番好きで
夢中になって作っていました。
自分をアピールできる場だったから(笑)。
もうこの頃から物作りが出来る仕事がしたいって
考えてたなぁ。


木村恵理
木村恵理
見て、触って、確かめて。とにかくそれが好きらしい。
小学生のときの遊び場はもっぱら工場。
暇ができては工場。それか田んぼでザリガニ採り。
凝り性と細かい作業がすきな毋ゆずりと
「とりあえずやったらできるだろ」
という根拠のない自信が父ゆずり。
1つ1つの小物仕上げに毎日を注いでいます。


長尾雅宣
長尾雅宣
ロクロの仕事に携わって27年。
縁あってkikiに入社しました。
だるまおとし・keytree・豆プレートなど、
ロクロ仕事はおまかせください。


木村恭平
木村恭平
実家に工場がありながら
機械に触ることほぼ皆無で成人。
みんなの助手をしながら“作り手”の勉強中。


井上友香里
井上友香里
つくることと食べることが大好きな京都育ちの食いしん坊。
ものづくりの仕事がしたいなあと思い始めたきっかけは
小学校に入る前に大工である父に
勉強机といすを作ってもらったこと。
今もなお、たくさんの木の種類や色、木目の面白さに
どんどん引き込まれて新しい発見の毎日です!


高橋咲
高橋咲
ものづくりがしたくて宮城から富山、
南下し続けてついには徳島まで来てしまいました。
小さなことから大きなことまで
面白いことが絶えないkikiで
楽しいことを見つけたいなあと
日々奮闘中です~。

いつの間にかkikiに巻き込まれた人たち
村澤一晃

村澤一晃
『デザインは、現場で生まれる!』をモットーにこれまで
200以上の工場を歩き回った自称「工場オタク」または
「股旅デザイナー」。道を歩くとき、飛行機で移動するとき、稼働する工場を見つめるとき、誰かと会話するとき、
そこからデザインを紡ぎ出す。定期連絡と証した
店長の夜の酔っ払い電話の一番の被害者だ!


http://matatabidesign.com/
mu3@eb.mbn.or.jp

小泉誠

小泉誠
よくプロフィールに箸置きから建築までと書いてあるが、まさに「ROCCO」から新kikiの設計まで
ワークショップ形式で大きな模型を前にして、
良い、悪い、好き、嫌い、ああしたい、こうしたいを
具体的に話し合いながら作ってしまった(笑)。
ショップにてコイズミワールドを堪能ください。


http://www.koizumi-studio.jp
koizumistudio@vega.ocn.ne.jp

大柴いずみ

大柴いずみ
こいずみ道具店の店長。
誠さんといっしょに
ちょくちょくワークショップ参加のために来徳。
かわら版ライターとして活躍中。
ワークショップの様子を綴った記事をどうぞお楽しみに。


http://www.koizumi-studio.jp/shop_home.html
koizumi-shop@axel.ocn.ne.jp

楠藤治

楠藤治
ディメンション・ナントウ代表
アドビ認定インストラクター
2001年kikiHP設立以来、加工をし続けてくれている。
こんなことできる? あんなことできる? 
何を言ってもなんとかしてくれる。


http://dn105.com/

エーランチ

エーランチ
エーランチは、広告、宣伝、編集の
小さなデザイン事務所です。
4人がそれぞれの鍋を手に、メニュー開発から仕入れ、
調理、給仕、皿洗いまで、「つくる=答をだす」
デザインの仕事にとりくんでいます。
「うまい」、「まずい」、「これならどうだ!?」
おいしいを「伝える工房」、どうぞご賞味ください。


http://www.alaunchmart.co.jp

ページのTOPへ